地盤改良・地盤沈下修正|春秋産業 TOP > 会社概要

株式会社春秋産業の会社概要

会社名 株式会社春秋産業 液状化対策本部
設立 1974年6月26日
資本金 1000万円
代表 代表取締役社長 有爾 元
所在地 〒105-0022
東京都港区海岸1-1-1 16F
TEL 03-6452-9121
FAX 03-6734-0992

アクセスマップ

35.658246, 139.75894

株式会社春秋産業
液状化対策本部

35.658246, 139.75894

代表・有爾 元よりご挨拶

従来の地盤改良工法には、盛土や埋め立てが沈下してしまうなどの欠点がありました。そこで弊社では、こうした欠点を解消する画期的な技術を生み出しました。それがグランドアップ工法です。

グランドアップ工法は薬液注入工法のひとつ。しかし他社の技術とは大きく異なります。最大の特徴は、薬液を瞬間的にゲル化させること。これにより、薬液の注入量のコントロールが容易になります。必要な範囲に必要な量だけを注入できるため、敷地の下の地盤の空洞や隙間を薬液で満たすことが可能。万が一、大地震が発生しても、地盤そのものを動かなくさせるため、液状化も防ぐことができ、沈下も起きません。

盛土や埋め立ては従来の地盤改良でなぜ沈下してしまうのでしょうか?
答えは簡単。使用した土砂は簡単には締め固まらないからです。しかも、土砂の中には腐葉土や廃棄物なども含まれているためどうしても空洞や隙間ができてしまいます。その空洞や隙間が大地震のときに沈下する原因です。柱状改良や杭基礎は、文字通り柱で建物を支えるものですが、大地震は地層を横に移動させるもののため、どうしても無理が出てしまうのです。
?事実、東日本大震災の際には、浦安市では、地下8mも柱状改良や杭基礎をしていても家が傾いています。

弊社はまだまだ小さな会社ですが、こうしてホームページをご覧いただき知っていただいたのもなにかのご縁です。お問い合わせいただければ、誠心誠意対応させていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。よろしくお願いいたします。

代表取締役社長
有爾 元

スタッフ紹介

森 俊哉

液状化対策本部長 森 俊哉

稲井 功

液状化対策本部 主任 稲井 功

春秋産業へのお問い合わせはこちら

  • 03-6452-9121 090-8500-8000
  • 24時間受付! メールでのお問い合わせはこちらから
  • skypeをご利用の方 表示名:amadeusjapan

このページの先頭へ